男性のみ使用可の薬プロペシア

プロペシアは頭頂部及び前中頭部における男性型脱毛の治療に使われています。この薬は男性のみの使用に限定されており、女性または小児には使用してはなりません。注意点は多々ありますが、その効果は大きいです。

ウィッグレンタルよりプロペシア服用で薄毛治療が可能

薄毛の対策として、ウィッグのレンタルなどのサービスがあります。ウィッグのレンタルを行うことで、一時的な薄毛の対策を行うことが可能となりますが、根本的な解決になっていないと感じるときには、医療機関で薄毛治療を受けることもできます。最近では薄毛治療としてAGAの症状に対応しているクリニックが増えており、専門的な治療を受けられるようになっています。薄毛治療薬としてプロペシアが厚生労働省の認可を受けているために、皮膚科や内科で処方を受けることができます。男性の薄毛は男性ホルモンによって引き起こされているAGAである場合が多く、原因がAGAであればプロペシアによって治療が可能です。AGAの原因はテストステロンという男性ホルモンが還元酵素と結合して、DHTという物質が作られることで、このDHTが毛母細胞に影響を与えて髪の毛が短くなったり、細くなることによって起きると考えられています。AGA治療薬のプロペシアには、成分としてフィナステリドが配合されており、フィナステリドには還元酵素の働きを阻害する作用があるために、DHTの生成を抑制させることができます。プロペシアを毎日1錠ずつ、4~6か月間ほど継続して服用することで、薄毛の進行を食い止めることが可能となります。プロペシアの処方は医療機関で行われていますが、保険外治療となるために自費診療となる点に注意をしておいたほうが良いです。1か月あたりの治療費としては10000円ほどかかることが相場と言えますので、経済的な負担の面も把握して治療を開始することがおすすめです。治療費を節約したいときには、ネット上の医薬品通販サイトから購入することで半額程度の費用で治療ができるようになります。