男性のみ使用可の薬プロペシア

プロペシアは頭頂部及び前中頭部における男性型脱毛の治療に使われています。この薬は男性のみの使用に限定されており、女性または小児には使用してはなりません。注意点は多々ありますが、その効果は大きいです。

タンパク質とピンクの錠剤のプロペシアで薄毛を改善

薄毛の原因の1つとして、タンパク質不足があるのではないかと言われています。一般的に髪の毛や皮膚、爪などはタンパク質から作られていますので、タンパク質の摂取量が減ってしまうと髪の毛を作るための栄養素が足りなくなります。そのためにタンパク質が不足することで、正常のヘアサイクルで髪の毛を生成できなくなることで薄毛につながります。薄毛を改善するためには、タンパク質を摂取できる食生活を心掛けることが大切で、卵や牛乳、魚介類、大豆などに多く含まれていますので、積極的に摂取することがおすすめです。タンパク質を摂る食生活を心掛けることで、薄毛の改善が目に見えて現れないときには、AGA治療を行っているクリニックに受診する方法もあります。海外の製薬会社が開発したAGA治療薬があり、厚生労働省にも承認されている医薬品としてプロペシアがあります。薄毛の原因が男性ホルモンによって起こるAGAである場合には、プロペシアを服用する治療法が有効と考えられます。プロペシアは、1日につき1錠の服用を行います。錠剤としては0.2mgのものと1mgの2種類があり、ピンク色に近いコーティング剤となっています。プロペシアに含まれているフィナステリドは、薄毛を引き起こす男性ホルモンのDHTを生成する要因となる、還元酵素の5αリダクターゼの働きを阻害できます。フィナステリドの効果によって、薄毛の進行を食い止めることが可能になります。プロペシアはドラッグストアなどで販売されている医薬品ではなく、処方箋薬ですので医療機関を受診して購入する必要があります。医療機関の中には、割安価格で販売されているプロペシアのジェネリック医薬品を扱っているところもあるので、治療費の節約をしたいときには、ジェネリックを処方してくれるクリニックを探すことがおすすめです。