男性のみ使用可の薬プロペシア

プロペシアは頭頂部及び前中頭部における男性型脱毛の治療に使われています。この薬は男性のみの使用に限定されており、女性または小児には使用してはなりません。注意点は多々ありますが、その効果は大きいです。

プロペシアの副作用は?

男性型脱毛症、通称AGAは、男性ホルモンと特定酵素が結合することがいちばんの原因だとされています。特定酵素と結合した男性ホルモンは、より強力な作用を発するようになります。その作用は頭皮や頭髪にとっては良くない影響をもたらすもののため、それによって薄毛や脱毛が発生し、進行していくと言うのがその理由です。プロペシアには、男性ホルモンや特定酵素の分泌を抑制し、両者の結合を防ぐ効果があるとされています。そのためAGAの治療において多く使用されている薬です。しかし副作用の可能性がまったくないと言うわけではないので、利用に際してもそのことを頭に入れておく必要があります。では、どのような副作用が考えられるかと言うと、プロペシアは男性ホルモンにも作用を及ぼす薬です。そのため、男性ホルモンが関係している部分、性機能や心身の活力、また体の男らしさなどが低下することが考えられます。性機能の低下に関しては、勃起障害や性的好奇心の減退と言った精神面への影響が考えられます。心身の活力低下は精力の減退、また肉体的な疲労感、倦怠感などです。体の男らしさが低下すると言うのは、実際例では乳房が女性のように膨らんできた、また濃かった体毛が薄くなっていったと言う事例があります。それからプロペシアは薬ですから、それを解毒する肝臓に対する副作用の心配も指摘されています。継続して飲み続けることで負担がかかりますし、特にもともと肝機能が低下していた人は、それが引き金で肝臓障害などを発症する危険性があるとも言われています。そしてプロペシアの副作用が恐ろしいのは、薬を飲み終えてから数年後に突然、出てきたり、あるいは副作用が出てきて薬を中断して、それから数カ月してから再発したと言うようなケースがあると言う点です。また副作用がどれくらいの期間で収束するのか、あるはしないのかと言うことも全くわからないので、その点も厄介です。