男性のみ使用可の薬プロペシア

プロペシアは頭頂部及び前中頭部における男性型脱毛の治療に使われています。この薬は男性のみの使用に限定されており、女性または小児には使用してはなりません。注意点は多々ありますが、その効果は大きいです。

薄毛改善なら治療薬!プロペシアよりもスピルリナ

AGA治療専門クリニックなどの医療機関で処方されるプロペシアは、薄毛改善薬として非常に効果の高い発毛薬とされています。

プロペシアに含まれているフィナステリドという成分には、AGAの最も大きな原因とされている男性ホルモンであるテストステロンをDHTに還元してしまう還元酵素、5αーリダクターゼを阻害する働きをするので、結果的にDHTが生成されることなく薄毛の進行を食い止めることができます。

しかし、プロペシアは薄毛改善のために開発された薬ではないことをご存知でしょうか。

もともとは、男性の前立腺肥大の治療薬として開発されていたものが、プロペシアを使用している前立腺患者の薄毛が改善されたり薄毛の状態がい進まなくなったことを発見したことから育毛剤や発毛薬として使用されるようになったのです。

そのため、プロペシアを服用すると男性ホルモンに作用する影響からか精力減退や勃起不全などの副作用の症状があらわれることがあります。

もちろん、必ず副作用がお現れるとは限りませんが、薄毛が改善できたとしてほかの体の部分が機能しなくなったり調子が悪くなっては元も子もありません。

そこでおすすめなのがサプリメントや粉末などに加工されているスピルリナです。

スピルリナは、古来より存在している藻類の一種でアルギニンや髪の主原料となるたんぱく質を豊富に含んでいることから髪の成長を促し育毛に効果があるとされてます。

過剰に摂取しすぎては問題がありますが、天然成分であるので著しい副作用が出ることがなく体への負担をあまり考えずに摂取することが可能です。

副作用を気にすることなく健康的に育毛したいと考えている人は、スピルリナで育毛対策をしてみてはいかがでしょうか。